Profile

父はカナダ人、母は日系二世のカナダ育ち。
師範である父、兄の影響を受け、双子の妹と5歳から空手を始める。

大阪のインターナーショナルスクールを卒業後、慶應義塾大学 環境情報学部へ進学。
在学中は、伝統ある日本最古の体育会空手部に所属。空手の伝統や文化を学び、歴代初となる六大学戦女子団体、個人の部で初優勝。慶應大学空手部 女子選手として初めて、学生全国大会へ出場する。

大学卒業後は 、株式会社Plan Do Seeへ入社。名古屋の店舗ではレストラン事業にて活躍。
結婚を機に、福岡に異動後はレストラン事業・ホテル事業・人材育成にも力を入れた。
在職中の2011年、タイで行われた空手世界大会では準優勝を果たす。

長女の出産1ヶ月後に行われた 日本空手協会全国大会で、自身初の一般女子 型の部で日本一に輝き、翌年も優勝。二連覇を果たす。

その後、ストレッチの師匠である兼子ただし氏との出会いが「空手」と「姿勢」を繋ぎ、「適正姿勢指導士」の資格取得でさらに空手への理解を深め、2014年に全日本三連覇を成し遂げ、同年、空手人生24年目にして船越義珍杯で念願の世界一に輝く。翌年、日本ストレッチトレーナー学院をトップで卒業。

2015年末に第二子 長男が誕生するも43時間という儚い時間の中でたくさんの愛に包まれこの世を去る。
長男に背中を押され、2016年ストレッチスタジオ オープンを実現させた。

2017年次女を出産後も変わらず、全ての女性が持つ「美しさ」を最大限に引き出すため、パーソナルストレッチトレーナー・姿勢インストラクター・空手家として女性の美と健康をサポートしている。
また、日本空手協会「邦空館」渋谷道場にて自身の空手稽古に励みながら、慶應義塾大学 空手部コーチも務める。

Career

1991年
空手人生スタート
1995年
全国大会初出場ベスト8
1996年
6th SHOTO WORLD CUP(Osaka,Japan) 世界大会 個人戦小学生女子の部 形 優勝
1997年
第40回小中高生全国空手道選手権大会 個人戦小学生女子の部 形 優勝 / 組手 第3位
2002年
8th SHOTO WORLD CUP(Tokyo,Japan) 世界大会 個人戦中学生女子の部 形 準優勝/ 組手 準優勝
2004年
9th SHOTO WORLD CUP (Tokyo,Japan) 世界大会 個人戦高校16~18才女子の部 形 優勝
2005年
第48回全国空手道選手権大会 一般女子の部 ベスト8
2007年
東京六大学空手道大会(慶應義塾体育会空手部3年)女子団体 組手 優勝 / 女子個人 組手 優勝
2009年
内閣総理大臣杯 第54回全国空手道選手権大会 一般女子の部 3位
2011年
第12回船越義珍杯 空手道選手権大会(Pattaya,Thailand) 個人戦一般女子の部 形 準優勝
2012年
内閣総理大臣杯 第55回全国空手道選手権大会 個人戦一般女子の部 形 優勝
2013年
内閣総理大臣杯 第56回全国空手道選手権大会 個人戦一般女子の部 形 優勝
東北へのボランティア活動で「姿勢」と出会う
2014年
兼子ただし氏との出会い ストレッチ専門店SSSに週1で通い始める
内閣総理大臣杯 第57回全国空手道選手権大会 個人戦一般女子の部 形 優勝
「適正姿勢指導士」の資格取得
「ハイヒールマイスター指導士」の資格取得
姿勢インストラクターとしてセミナーやプライベートレッスン開始

第13回船越義珍杯 世界空手道選手権大会 (Tokyo, Japan) 世界大会 個人戦一般女子の部 形 優勝
2015年
内閣総理大臣杯 第58回全国空手道選手権大会 個人戦女子の部 形 準優勝
日本ストレッチトレーナー学院に入学
「パーソナルストレッチトレーナー」の資格取得
2018年
内閣総理大臣杯 第61回全国空手道選手権大会 個人戦女子の部 形 準優勝
< 資格 >
・公益社団法人日本空手協会 四段
・公益社団法人日本空手協会 C級指導員
・Sレッチング推進協会 適正姿勢指導士(姿勢インストラクター)
・Sレッチング推進協会 ハイヒールマイスター指導士
・日本ストレッチトレーナー学院 パーソナルストレッチトレーナー